Warehouse by ship

使い道

ゴミ捨て用だけじゃない料理に大活躍のポリ袋

ゴミをまとめたり使わない物をいれておいたりするのに、ポリ袋はとても便利です。色々な大きさや種類が販売されていますが、ゴミや不用品のためだけにあるのではありません。料理をするのに実はとても便利なのです。例えばから揚げを作るとき、衣をつけるのにボールやトレイを使うと洗い物が増えます。でもポリ袋を使って衣をつければ、片付けがとても簡単です。それにまんべんなく衣をつけることができますので一石二鳥です。また漬け物を少しだけつける時なども容器につけるのでなく、ポリ袋を使ってつけると場所もとらずとても便利です。このように料理にポリ袋は欠かせません。スーパーやネットショップなどで販売されている丈夫なビニール袋を常備するなら、スピーディに料理ができます。

丈夫で長持ちするポリ袋の選び方

ポリ袋はどれも同じだと思われがちですが、実はスーパーやコンビニなどで販売されているポリ袋は千差万別です。大きさはもちろんのこと厚さや丈夫さがそれぞれ異なります。一般的に良質の物になればなるほど価格は高くなります。また業務用など一袋に大量に入っているとそれだけお得になります。ではどのように丈夫なポリ袋を選ぶことができるでしょうか。最も大切なのは十分な厚さがあることです。厚さの確認は手で触って行ないます。手で触れない場合は透明度を参考にします。透明度が高いと薄いということになります。もちろん用途によっては適度に薄い方が良いかもしれません。販売されているポリ袋の中から理想的で丈夫なものを探すのには根気が必要です。